宇都宮市 引越し業者

宇都宮市で格安な引越し業者の探し方

宇都宮市 引越し業者見積もり

宇都宮市 引越し業者相場

宇都宮市 引越し業者料金

宇都宮市 引越し業者安い

 

宇都宮市の引越し業者を検索すると60件以上がヒットします。
市内にあるすべての引越し業者に見積もりを取ることができれば、市内で最も安い引越し業者を探すことができます。

 

しかしそれは、到底無理な話です。

 

すべての業者から見積もりを取るのは無理ですが、せめて3〜4社からは見積もりを取りましょう。そして比較をしてください。
引越し費用が安いのか高いのか判断するにはあなた自身の引越し費用の相場を知る必要があり、相場を知るには数社からの見積もりが必要です。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

こちらなら24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて時間がない人にもオススメです。
しかも1度情報を入力するだけで複数の引越し業者からまとめて見積もりを取ることができ、相場はもちろん最安値の引越し業者を探すのにも一役買います。

 

宇都宮市 引越し業者 格安

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し業者 繁忙期

 

3月は引越し業者の繁忙期です。
綿密に言うと、「2月の終わりから4月の頭まで」が繁忙期となります。

 

1年で最も引越しの数が集中する時期のため、引越し料金が高く設定されています。

 

ではどうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。

 

2月に大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、4月からは新しい環境に飛び込みます。
その準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと実家から引越しをするのです。

 

また日本企業は全国展開しているところが多く各所に支店を持つため、春と秋に大規模な人事異動を行います。
春の人事異動がちょうど4月の新学期をスタートとするため、やはり3月に転勤族ファミリーや単身赴任のサラリーマンが引越しをします。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期は毎年のことですから引越し業者もこの時期はスタッフを増やしたり、残業を増やしたりして何とか仕事をこなそうとしますが、それでも手に負えない日もあります。

 

そういう日は見積もりすらしてもらえないそうです。
ですからもし繁忙期に引越しをするなら、引越し準備は早めに行ってくださいね。
人件費がアップするのですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引越しの大まかな手順

 

引越し 手順

 

引越しはすることが多すぎて、永遠に終わらないのはないかと錯覚してしまいそうになります。
先におおまかな手順を確認しておくと、無駄がありません。

 

引越しが決まったらまずは管理会社に退去することを連絡してください。それから新居を探して、最後に引越し業者に見積もりを依頼します。
この順番が望ましいのは、管理会社は次の入居者を探す準備を始めるため退去の時は◯ヶ月前に連絡するようにと契約を交わしていることと思います。

 

そして引越し業者ですが、新居が何階であるなどの情報がないと引越し費用の見積もりを出すことが出来ないので、まずは新居を決めてください。

 

季節外れの洋服やあまり使用しないものからダンボールに詰めていきましょう。

 

不用品や粗大ゴミはこの際思い切って処分し、できるだけ荷物を減らしてくださいね。。
実は不用品を新居に運ぶにも費用がかかりますから、引越しの前に処分するのがベストです。

 

市外に引越しする場合は、引越しの2週間前に役所に転出届などの書類を提出しましょう。
そして新居に郵便物が転送されるように手続きするのもお忘れなく。最寄りの郵便局でできます。

 

電気・ガス・水道・ネットなどの会社にも引越しすることを連絡して、引越し当日までの料金を精算してもらうように手配します。
詳しいことは各会社に問い合わせてくださいね。

 

引越し当日は荷物や家財の運搬は引越し業者が行うので、、あなたは家具や家電の配置をスタッフにお知らせしてくださいね。
先に決めてどこかに貼り出しておくと、いちいち声をかける必要がなく無駄がありません。

 

ただし、引越し業者が運べないものがいくつかあります。
貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。

 

引越しの合間を縫って、引越し当日もしくは翌日にご近所へ挨拶に行きましょう。
最近では一人暮らしの場合は防犯上、行かなくてもいいとされています。

 

引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。

 

さきほど紹介した郵便物の転送サービスは1年間だけですから、住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡するのを忘れないで下さい。

 

 

 

 

 

 

自動車 損害保険 安い